FC2ブログ
俺の屍を越えてゆけ!!
天嘉-伍-〔DANGER V〕 シーズン②
2006年12月29日 (金) | 編集 |
テッちゃん
この時には、すでにサイドのサブステージは片付けられてメインステージのみでした。機材準備などで、結構時間かかってましたね。前のバンドが終わって15分ぐらいたった後に、客電がパッと落ちて大歓声に包まれた武道館!ラルクファンなオイラは歓声を聞いてなんかメッチャ嬉しかったです。ヴィジョンに「tetsu」の文字が大きく出て、しばらくした後にテッちゃんがピョンピョン飛んで出て来ました。グッツのマフラーを着用。バックバンドのメンバー全員つけてました。テッちゃんの髪の毛が凄かったんですよねぇ。白いエクステをつけてたんですけど、もの凄い量!頭重いんじゃないか!?って心配になっちゃいました(笑)ライブは凄かったですねー!テッちゃんワールド炸裂!キラキラしてたよ!ベースがないせいか、どこか手が落ち着かない感じ。メインステージだったので、左→右へとステージをいっぱい走ってました!MCは覚えているのは・・・

「ふぅー!メリーーークリっ!!こんばんはぁ~tetsuです(いきなり声が低くなる)。みんな元気ぃー?楽しんでるー?楽しんでんのぉ~?」(ラニバを思い出してしまうww)
「みんな幸せもんやねぇー!なんでか知ってるぅー?(この辺りでざわざわ(笑)え?どっかで聞いた事あるう?(笑)みんな幸せやねぇーなんでか知ってるぅ?それはねぇー宇宙で一番最初にtetsuの新曲が聴けるからやでぇー!それでは新曲聴いてちょっ!Can't stop believing」

もぉラニバ行った人にはおなじみのMC(笑)テッちゃんがニヤニヤしながら嬉しそうに言うので、ハイたんが「また同じ事言って!」って突っ込んでくるのかと思っちゃったよ!(爆)しかし、テッちゃんラニバからさらに痩せてましたねぇ(^^;。でもピョンピョン飛んでいたので大丈夫かな(笑)新曲だけでなく「TETSU69」時代の曲もあったりで盛りだくさんでした。すっげー明るい曲!と思ったら、今度はダークな曲だったりでつくづく才能がある人だなぁ・・と思いましたね!

S.O.A.P
オイラは去年は行ってなかったんですけど、どうやら去年はひどかったようで(笑)6時間ある練習時間を5時間遊んでいたらしく、演奏はヨレヨレだったそうで。さすが遊び好きなおじさ・・いやお兄さん達ですねww。武道館のステージでそれを本気でやっちゃう所が好きだなぁ。今年はしっかり練習したんでしょうか?最初からメッチャカッコイイステージでした!久々にソープを聞いたのでメッチャウキウキしました!ケンちゃんが、白地にプリントが大きく入ったTシャツを着てたんですけど、いつも着てるようなダボっと。したモノではなく!ピチっ!としたちょっとレディースっぽいTシャツなんですけど、それが細さをさらに強調してて男前でした!Sakuraは、Lion~の時とは違って黒いラフなパンツにタンクトップでしたね!髪型は変わらず!アインはニット帽子に長袖シャツというラフな格好でした。ステージではソプメンバーの他に、サポメンの「ウリ坊ちゃん」が二匹!左右にイス?みたいな台に座っておりましたね!ステージが明るくなる前に「なんじゃありゃ!?」って思って双眼鏡で見たら「ウリ坊」でしたね!これが中々ラブリーなんですよ。演奏に合わせてクルクル回ったり(時に高速)目が赤く光ったりするんですよ!可愛かったです。ウリ坊がいるせいか?MCでは

「みんなウリってるー?(観客の反応はいまいち)ウリってるのかぁー!」(ムキになるケンちゃんw)「ウリってるー!」と観客も反応。なんのライブですか(笑)

合計5曲を演奏!最後の新曲はアインがボーカルでした。改めて聞くとソープの曲はメチャメチャカッコイイんですよね。さすがケンちゃん!って感じです!アインが天嘉前に日記(11.28参照)で「漫談になるかも」なんて寂しく書いてあったので、大丈夫か!?(笑)って心配してたんですけど全然心配無用でした!アインも久々に聞いたけど上手くなりましたね!ライブが終わった後、ケンちゃんが床にギターを置いてツカツカとウリ坊の前へ。そこにスタッフが出てきてウリ坊を台から外してケンちゃんに渡します。それを卒業式で賞状をもらうかのように、大事に受け取りツカツカとドラムセットにいるSakuraの元へ。ウリ坊を差し出されまた賞状のように大事に受け取るSakura。(ウリ坊を渡してケンちゃんは、そのままはけて行きました)受け取ったウリ坊を頭に乗せて、ツカツカとマイクスタンドの前に立つSakura。こん時「はっ!ダメだよ!やっちゃんにしゃべらせたら止まらなくなるよ!」(去年は、それで散々時間がおしたらしい)って笑ってましたね(笑)

S「ここにおられます。ウリ坊様を一名の方にプレゼントします。このウリ坊様があれば、家庭円満・・・ここにチケットの半券があるので、そん中から選ぼうと思いまーす」

とかなんとか。記憶が飛んでいてすいません。こういう感じにしゃべってました!ちなみに、オフィでアインが乗ってるウリ坊の手が取れてるんですけど、取ったのはSakuraです(笑)MCで「一名の方に~あ!取れちゃった!」ってしゃべってる間に取れちゃったんですよ!その時のSakuraの焦り様がなんともおかしかったです!取れちゃった!の後に観客が「ざわざわ」っとしたら、強引に話を進めてましたからね(笑)結局手の取れてない方を貰ったのかな??真相は闇の中。プレゼント後(半券の番号を言った後)Sakuraが「バイバイー」ってはけて終了!

ムック
始まる前にトイレ行ったら、もの凄い列で結局途中まで見れず!約2年ぶりにムックさんを見たんだけど、しばらく見ない間にずいぶん方向性?が変わったんですね!最後の2曲はメッチャ明るい曲でビックリしました!オイラの中では、黒々しててダークなイメージが強いので「ラララ~」って歌詞が出てきた時は「えぇ!?ちょっと、ムックがラララとか歌って大丈夫なの!?」って隣の鈴木ちゃんに慌てて言ってしまいました(笑)でも全然変じゃなかったです!なんか新鮮でしたね。MCもスッゴイ明るかったです。それにしても、相変わらず達郎さんはデカイ!ですね。凄く印象が強く残ります。ボーカルが大きいと迫力がありますよねぇ!え?ハイたん!?ハイたんは魅力があります(笑)

ムックが終わって、いよいよ大詰め。ステージはセッション準備のために色んな機材が運ばれて来ます。真ん中にドラムセットは二つ!それ以上にアンプの数の多いこと多いこと!!7~8個はありましたね!ステージの端から端までギッシリ!!すんげー音響さんは大変なんじゃないか!?と思いました。準備中コメットさんが何回も通るのワキワキしてしまった(笑)音響機材の準備が整っていく中で、ゆきやさんはもの凄い緊張してましたよ!しばらくしたら、ハイたんが!あのハイたんが出てくるのかと思うと・・・おぇっ(生)オイラがそわそわしまくってたら、なぜか隣の鈴木ちゃんも緊張。密かにソワソワするハイドファン2人(笑)アワワ ヽ(´Д`;≡;´Д`)丿 アワワ。ハイたんが美人さんのつるんつるんでありますようにー!と邪まな祈りをこめていると、客電がパッと消灯!!


DANGER CRUE SUPER ALL STARS

セッション①

恐らくこの日一番の大歓声!!もぉそれぞれのファンが、みな思い思いのメンバーやバンドの名前を叫ぶんですよ!うひょぉーこれぞセッション!いいですねぇ!テンション上がりまくりでした!この時に、もぉ演出が凄くてですね!恐らく一番お金かけたのここでしょう!って言うぐらい照明もSEも凄かったです(笑)SEは映画の曲を使ってたと思うんですけど、何の曲だったっけかな・・・ETかスターウォーズだったような気がします。最初に登場したのはSakura。その後におそらく、ミヤ君(ムック)ベルベットのベーシストさん(くわしくはオフィにて!)でボボボボボーカルは誰ですかっ!!一気に緊張がピークへ!!と思ったら、出て来たのはKYOちゃんー!KYOちゃんだぁー!ふぅふぅ。天使にはそう簡単に会えないか(笑)KYOちゃんのシャウトで始まったのは、メタルな曲でしたね!KYOちゃんいわく「セッションではメタルばっかり歌わされる」との事ですが、全然!良かったですよ!もぉあのメタルはKYOちゃんにしか歌えないと思いますね!毎年歌って欲しいと思いました(笑)演奏が終わった後にKYOちゃんが「次のボーカル紹介しますー!ムックから達郎ー!」の声で達郎がぽてぽて登場。


スポンサーサイト




天嘉-伍-〔DANGER V〕 シーズン③
2006年12月29日 (金) | 編集 |
セッション②

達郎登場後、他のメンバーは帰ってしまい達郎一人だけ残されます。最初は「武道館楽しんでるのかぁー!?二階の後ろ見えてるー?」と観客を煽っていたんですけど、機材準備に時間がかかってるのか中々他のメンバーが出てこなくて達郎もしゃべる事がなくなってきたのか、ぽつんと寂しそうに見えました(笑)それで「なんか1曲だけかなぁ・・と思ってたら、時間あるから2曲できるよぉーって言われて、マジっすか!?って事で2曲やるんですけど、見たら2曲やるの僕らだけなんですよね。僕らがやる曲なんですけど、えぇ!?これを武道館でやっちゃうの?って言うような曲です・・・リップスライム(観客「えぇぇ!!?」)いや、うそ。オレンジレンジ・・・いや、まぁ、意外な曲をやります。お楽しみに。」と話していると、メンバー登場!こん時にシドのドラムの方が、サッカーボールを蹴りながら登場してステージを蹴りながら歩いてくると、達郎が「ちょっ!ハウス!ハウス!」って言ってました(笑)あとは、ラヴィアンローズのベースさん、ギターは杉本義徳さんだったと思います。あとは、おぉ!忘れちゃいけないアインがベースで参加!あとは・・・オフィで(逃)メンバー紹介をして、準備が整った所で曲スタート!前奏が聞えてきた瞬間ビックリ!

「おぉーすげぇー。B’z・・・・」
「ち、ちげぇー!イエモンだろ!」
「あ。JAMか!」

すいません!思いっきり勘違いしました。鈴木ちゃんに思いっきり否定されましたよ(笑)
JAMじゃないですか!イエモンの「JAM」は名曲ですよね。カバーする時にアーティスト側に許可をとらないとできないので、吉井さんやメンバーのみなさんがオッケィしたと言う事ですね。凄いなぁ。いつの間にそんなに大きくなって(おかんか!?)。今の若い子達(10代ぐらい)は聞いた事ない人が多いんじゃないかな!?イエモンが解散してしまってるので、ほとんど耳に入る機会って少ないんじゃないかなぁと。いい曲なのにもったいない!今回おそらく初めて聞いた人達の耳には強く残ったんじゃないかなぁ・・・オイラも初めて聞いた時は衝撃的でしたね。曲って歌う人がいないと、きっと残る事って難しいと思うんですよね。イエモンに限らずほとんどそうだと思うんですけど、どんどん新しい歌が生まれている音楽界なので、聞く機会がないと中々困難ではないかと。でも、人に歌われている限りその曲は長年伝え続けていかれるんだと思います。改めて「JAM」を聞いて、今の世の中にはこういう歌が必要なんだろうな。って感じました。あくまでもオイラ的考えですが!達郎もそういう似た思いでこの曲を選んだんじゃないかなぁ・・と思います。この曲を今この歌を知ってる人達が次につないでいかなければ、ずっと残していかなければいけない。そんな思いがあったんじゃないかなぁ・・って。オイラ的想像ですけど。でもそれぐらい強い思いが歌声から伝わってきました。きっと「忘年会」の軽いノリで歌える歌じゃないと思うから。彼もいちボーカリストですし!「歌」に対する思い入れは、きっと普通の人達より強いんじゃないかな!?今回はじめて聞いた人達の中で「こんなに良い曲があったんだ。知らなかった。聞いてみたいな。」と思ってくれたら嬉しいですよね!良いキッカケになってくれればいいなぁと思います!

JAMの後はMCで「僕らの世代では、最後の曲と言ったらこの曲が思い浮かぶんですけど・・聞いて下さい」と言った後に曲に行くのかと思いきや、なぜかまた急にMCに戻るんですよ(笑)「武道館ー楽しんでるかー!?武道館!次で最後の曲だぞぉー!」って観客を煽る達郎。いやちょっと待てそこから入るのか!?ってみんな笑ってましたね(笑)2曲目はLUNA SEAの「WISH」!この曲すっごい聞いた事あったんですよ!でも誰の曲かわからず。えーでも絶対聞いた事あるよぉ!って一人騒いでいたんですけど、ライブが終わってすんごい後に「あー!そうだ!LUNA SEAだ!」って気づきました(笑)過去に、LUNA SEAとGLAYの対バンライブに行った事があったので、その時に聞いた事がありました!会場は「きゃぁー!」って反応した人達と「ぽかーん」の人達と二つに分かれてて面白かったですね!すっごい明るい曲なんで武道館は盛り上がりました!

歌い終わった後に「じゃ、次のボーカル紹介しますー!デンジャーの大先輩といえばねぇ。この方しかいないですよ。」と紹介。えっ・・・ちょっと待てよ。ムックの大先輩って事は・・って事はぁぁあっ!!ついに来ちゃいますか!!?ちょっと早いけど、ついに出しちゃいますか!!?うぉぉお!と気合を入れてたら「大先輩です。いいか!お前らの裏をかくぞ!いいか!裏だからなぁ!」と何回も念を押す?達郎。んもぉーそんな事言ったってぇ、天使ちゃんが出てきちゃうんだろう!むっはぁー(*´∀`*)って一人勝手に大盛り上がりの中「大先輩です!シドのマオー!」っておぉぃ!!思いっきりツッコミを入れてしまいましたよ!ホントに裏をかかれてしまった(笑)でもムックの方が先輩な気がするんですけど、気のせいですかね?わざとか!?出できたマオは「セッションは目立ったもの勝ちかな」と言う事でピンクの帽子をかぶってました。そして、達郎と同じく準備が整うまでぽつんと取り残されてましたね。なんでしょう。ボーカルは盛り上げる使命があるのか?(笑)ヒマだったらしく、前のお客さんに絡んでましたね。ソープの時に銀テープが舞ったんですけど、それを「それどうするの?持って帰ってどうするの?え?体に巻いて遊んだりすんの!?」って話してましたね。いや遊ばないと思うぞww。マオが出てきて、しばらくした後にセッションメンバー登場!ユッケ(ムック)がマイクを渡されて「武道館ーたのしぃー!」って笑ってたんですけど、隣のムッカーさんがメロメロになってて面白かった(笑)曲は何やるのかなぁ?と思ってたら、セッションメンバー最後にケンちゃんがドラムで登場!!観客に手を振りながら歩いていくケンちゃん!いいわぁーケンちゃんめっちゃ癒されるよぉー!ケンちゃんがドラムについてから、しばらく準備が遅れていたので、マオが「時間かかるから・・みんなで盛り上げよう!ウェブやりますか!」とかこういう感じで言って、観客がわぁー!って盛り上がったら「え?準備できた!?じゃぁ、やりましょう。」観客「えぇー!?」マオ「ケンさんが出来たって言ったらやるんだよ!ケンさんがすべてです!」みたいな事を言ってて面白かったです!

セッション③

前奏が聞えた瞬間、思わず「虹かよ!!」(タカトシ風)ってツッコミを入れてしまいました(笑)ゆきやさんも虹は復活ライブでの思い入れが強いので”ムッキー!!”(てっちゃん!?)となるかと思いきや、爆笑しちゃいました(笑)だって、ラルクメンバーが全員この場にいるのに!しかも、会場にはほぼ半分以上はラルクFANがいるというのに!それらを目の前にして「虹」!よりによって「虹」!それをやっちゃう根性?いや勇気?怖い物知らずというか、若さってイイねっ!って感じでした(どこのオバちゃんやねん)。マオの歌を聞いて、鈴木ちゃんと思わず目を合わせて「ハイたんって凄いのね!」と力んでしまいました(笑)決して下手じゃないんですよ!彼は歌うまいと思います!でも、虹の持つ圧倒的な迫力感が出てなかったですねぇ~!改めてハイたんの声量のデカさ(凄さ)に感動しました。こりゃやっぱりハイたん独特の歌声があって完成される歌なんですね。「そんな世界なんてもう何も見たくないよ。何も何もー!!」の部分で声が裏返っちゃって「うぉい!大丈夫か!?」って逆に心配になったり(笑)「winter fall」では彼の声によく合ってたんですけど、虹は難しかったのかなぁ。ガチガチに緊張してました!それでもよく頑張って歌ってましたよ!終わった後は思わず拍手。しかし、後から知った情報ですがこの時にハイたん袖で見てたらしいですね!(Sakuraも一緒に)すげぇー!いったいどういう思いだったんだろぉ~・・・きっとハイたんの事だから終わった後は「良かったよぉ~」ってニッコリ笑ってくれるんじゃないかな!?うはぁぁーハイたん可愛いぃぃ!あの子はホンマええ子やね!ケンちゃんのドラムがとっても心配だったんですけど、止まることなく続いてよかった!でも一番盛り上がる部分は大変そうでしたね(笑)ケンちゃんがんばって!とエール!

「虹」を聞きながら、改めていい曲だなぁ・・っと再認識。今や平井堅ちゃんやサザンの桑田さんもカバーしましたよね。復活当初はまだラルクがあまり有名でなくて、虹を聞いた時「たくさんの人が聞いてくれるかなぁ・・」と思っていたんですけど、今じゃここまで大きくなって(おかんブームか?)!さっきイエモンの辺りでも、同じ様な事を書いたんですけど、きっとラルクをあまり知らない人や、全然別ジャンルのファンの人々が「虹」を聞く機会ってあまりないと思うんですよね。オイラも全然知らないバンドの曲は聞かないですし。でも、こうやって色んなアーティストがカバーして、知らなかった人達の耳に入って「あ。ラルクってこんないい曲あるんだ。他の曲も聞いてみようかな」なんて思ってくれたりしたら、凄く嬉しいです!そうなのよ!ラルクっていいんですよ!って鼻高々になります(笑)ファンの人達には当たり前でも、他の人達からすれば逆に新鮮だったりして、毛嫌いしていた人達ももしかしたら興味を持ってくれるかもしれない!だから、こういう機会があるのは・・うん・・あってもいいかなぁと思います。「虹」って本当にいい曲なので、いい曲はたくさんの人に歌われ、聞かれ、愛されて、いつまでも残る曲であって欲しいなぁと思います。何年、何十年、何百年たっても・・・とか言ってたら、書きながら涙ぐんできてしまった。何をやってるんだオイラは!!あ。でも「いろんな人に歌われ」と言っても、演歌の人がノリノリで歌ったりお笑い芸人にネタにされるのは、いくら寛大なゆきやさんでも「むっきー!」ってなりますけどね(笑)そこはケースバイケースです!

色々考えてたら、日付があいてしまった。相変わらず長い上に読みにくくてすいません!なんか真面目な事を書いてしまった・・・いかん。あほなゆきやさんは真面目な事を書くと知恵熱が出ちゃうので通常に戻ります(笑)次はいよいよ我らが天使ちゃん登場ですよ!こっからまたぶっ壊れるのでお付き合い頂けたら嬉しいです!