FC2ブログ
俺の屍を越えてゆけ!!
hydeistoff in 沖縄②
2006年02月25日 (土) | 編集 |
ぬっぉおぉー!音楽戦士良かったぁぁー!!何と言ってもチェックのロングコートに斜め目線!!く、クリスぅぅーー!!中学生でした。間違いなく15歳でした。どこまで若返るんでしょう?オイラにもわかりません(笑)肌がぴっちぴっちで触りたいぐらいキレイだったわぁ~(萌)

セイセイセイ!!今日も沖縄レポどんどん行きますよぉー!!みなさんちゃんとついてきてますかぁー!?オイラだけ独走してませんか!?(いつもだし)ちゃんと楽しめてるかどうか心配な限りです!!こんなのは・じ・め・て☆だから☆(爆)オイラは見てきたからわかるんですけど見てない人には、想像しにくかったりするじゃないですか!なるべく想像(妄想)つくようにチョコチョコ直して書いてるんですけど、満足できなかったらすんまそん・。 ( ゚´Д`゚)・゚・。

上から下へ読んで下さい~☆

+++VTR START+++

LIVEが終わってから「ハイド!ハイド!」コールをしていると後ろのスクリーンに「LIVE」といって、メンバーが楽屋へと歩いていく様子がうつしだされます。「LIVE」って書いてあったんですが、メチャメチャ録画らしいです(笑)HIROKIの髪型が違ってた・・・私は全然気がつかなかったんですけどね。

楽屋の様子がうつしだされる。楽屋は、テーブルが置いてあって、そこにHYDE・FURUTONで並んで座っていて左側に鏡と台があり(メイクなどをする所です)鏡に向かって、HIROKIが座ってます。楽屋に入って座ると、3人はまったりムード。

以下 HYDE→H。HIROKI→HI。FURUTON→F。

F「あぁ・・疲れたねぇ・・・」
H「あぁ・・」
F「ツアーも終わったねぇ・・」
H「終わっちゃったねぇ・・・」(煙草に火をつける)
F「寂しいねぇ・・」
H「そうだねぇ・・」(HIROKIはずっと無言)

しばらく無言の3人。すると、後ろにある青いトビラからノックの音が。

コンコンっ。
「失礼しまぁす!」

なぜか、出前の兄ちゃん登場。
(私は見えなかったんですが、LIVE中にステージを通過して行ったらしいです。)特にメンバーは反応する事なく、止まったままでした。固まってた。出「お待たせしましたぁ」 スタッフにラーメンを届けて、そのまま出て行く。ラーメンを受け取ったスタッフが豪快な音を立てながらラーメンを食べる。カメラが切り替わって、楽屋の風景がゆっくり映し出されて行くと、鏡の台に並べられた、水の入ったペットボトルを順々に映していきます。ペットボトルは、5本くらいあって、マジックでメンバーの名前が書いてありました。「HYDE」→「FURUTON」→とメンバー順にうつしていくと、なぜか哺乳瓶(ミルク入り)に「ヒロ」って書いてあり、会場が爆笑してると、HIROKIがそれを取ってそのまま飲んで・・すすって?た(笑)HIROKIは”赤ちゃんキャラ”で、しゃべると必ず「~でちゅぅ」がつきます。「~でちゅぅ」って、ヒロキがしゃべり出すと、ハイド君はメッチャ冷ややかな視線を送ってました(笑)
ヒロキがしゃべっても、返事せずに、ずっとしらぁーっとしてます。

この辺の会話が聞き取れず。しばらくは、ヒロキがずっとしゃべってたと思います。しばらくたってから、FURUTONが何を思ったか、おもむろに立ち上がってTシャツを脱ぐと、なぜか黄色いブラジャーを着用してました!「暑かったわぁ」とか何とか言ってた。FURUTONは、”オカマキャラ”(メッチャ上手い!)会話聞き取れず・・・。2人がしゃべっていて、ハイド君は何もしゃべってなかったと思います。煙草ずっと吸ってたと思う。フルトンが、ブラジャー姿のままうろうろしていると、青い扉からスタッフが慌てて、「○○さんが来ました!」と、飛び込んでくる。お偉いさん?らしく、メンバーがそれを聞くと、メッチャビックリし、ハイちゃんは椅子から飛び上がってた。

H「ヤバイヤバイ!」

と大慌ての中、フルトンがブラジャー姿のままでいるのに気づいて、ハイド君がフルトンに革ジャンを持ってきて、着させてあげます。

H「早く!早く!」

しばらくして、お偉いさんが入ってくる。

偉「どうも今日は本当に良かったです~(とかなんとか・・)」
H「あ、そうですか!ありがとうございます~」 メンバー3人並んでおじぎ。

しばらく話した後、お偉いさんが帰る。帰った後、フルトンが革ジャンを色っぽく脱いで、またブラジャー姿になる。
ハイド君が立ち上がって、鏡の前にいると、

F「ちょっとHYDEちゃん。背中のホック外してくれないかしら★?」とホックをHYDEに向ける。
H「えぇ~!」
F「お願い★」
H「・・・・・」

メッチャ嫌そうにしつつも、ハズしてあげます。でもフルトンの方は見ないで片手ではずしてました(プロ!?)
F「ありがとぅ」と、ブラジャーを外して上から黒いTシャツをはおって、ブラジャーは鏡の台に置いたと思います。フルトン、さっきのイスに座って煙草をすい始める。ハイド君は、ティッシュを出して鏡を見ながら、顔を拭いてるように見えました。

↓に続く。

スポンサーサイト




hydeistoff in 沖縄②
2006年02月25日 (土) | 編集 |
F「それにしても、ハイドちゃんのおしりって・・いつ見てもキュートね。」(ハイドを見て笑いながら言う)
H「そうかしら?」(なぜか、おねぇで鏡を向いたまま)
F「かわいいわぁ。ちょっと触ってもいいかしら★」(ゆらぁっ。っと近づく。)
H「・・・・」

ハイド君無視?か無言のまま。フルトンが近づいていても気にする様子はなくしていると、フルトンが両手でハイド君のおしりにタッチ!(下から手で揉み揉み!おぃぃー!)

H「きゃあっ!?」(メッチャ驚いて飛び上がります。超乙女声)
H「な、何すんのよ!!」(振り向いて、両手は胸の所で握っていて乙女ポーズです。)
F「いいじゃなぁい~(とかなんとか。)」

ハイド君メッチャ怒ってます。フルトンは反省する様子もなくけらけら笑ってると。

H「っ・・・この・・いい加減にしろよぉぉっ!!!」

いきなりぶち切れるハイド。鏡にあったブラジャーを床に激しく叩きつけて(笑)

H「お前ら、さっきから気持ち悪いんだよぉっ!!」

怒って色々楽屋にあった物を投げつけ、「うわぁぁ!」って暴れる。
スタッフ2人が慌てて駆け寄り、1人が背後からハイド君を破壊締めにすると(その間にも、ハイちゃん暴れてます。)もう1人が、なぜか酸素ボンベをハイちゃんの口にあてると。

H「はぁ~~~・・・・」

落ち着きを取り戻すハイド。
無言で元のイスに座りなおします。フルトンも同じく。ヒロキはメッチャ哺乳瓶でミルクを飲んでます。しばらく無言の3人。すると、ヒロキが何かを探しはじめる。

HI「ボクのお気に入りがないでちゅぅ~」

鏡の台においてあった、ぬいぐるみを持ち上げて探す。

HI「あぁ~・あったぁ♪」

ってタバコケースを取り出して、タバコを取ると思いきや、おしゃぶりを出す。口にくわえて、しばらくバブバブしていると(首ふりふりしてる)、カメラにぬいぐるみを向けたりしてた。
その後、ハイド君に近づき何か話しかけるんですが、聞き取れず。ヒロキが何か言うと、ハイド君が「あぁ。」とか相槌うってました。

HI「じゃぁ、ひざまくらでいいでちゅ★」
H 「えぇ!!?ヤダ・・・ヤダ。」

ヒロキがおもむろに言うと、ハイちゃん凄い嫌がってるんですが、ヒロキはかまわずに無理やり座る。
H「いぃぃ~~~!!」ハイちゃん、顔を歪ませてメチャクチャ嫌がる。
ヒロキが膝でぐりぐりすると。

H「あぁああぁーーーー!!ふざけんなよぉぉ!!」

2度目のぷっつん。

H「なんなんだよぉおぉーーお前らあぁぁーー!!」

1回目と同じく暴れまわります。鏡のところにあったヒロキの?ぬいぐるみを投げて楽屋にメッチャぬいぐるみが舞ってます。同じようにスタッフがきて、破壊じめにすると、酸素ボンベをあてて・・・H「はぁぁ~」落ち着きを取り戻して、座って無言になります。全然内容とは関係ないのですが、私は酸素ボンベが最初、哺乳瓶に見えて・・何をしてるんだぁぁ!といったい何をさせるんだとぁぁ!1人興奮してた(笑)だって無理やり顎をおさえて口に押し付けるんですよ。SMプレイですよ(爆)暴れるハイド君は、だだをこねる子供みたいで、セリフをつけるならH「買ってぇー!あれ買ってぇええ~~~!!」って感じでした(笑)またスタッフが大きい方たちだったので、抑え付けられると小さい子にしか見えないんですね・・可愛かったです☆抑えられてるのに、頭とか手をブンブン降るので、ホント5才児くらいにしか見えんかった・・ごめんなさい。

ハイド君が落ち着きを取り戻した所で、2度目の出前登場。
またもや、同じ人で同じスタッフさんにラーメンを置いて帰ります。
スタッフが・・1杯目食べきれてないのに、2杯目を豪快に食べ始めます。

この辺の会話が全然聞き取れず。
LIVEの時、私はヒロキ側の2列目辺りにいたのですが、LIVEが終わってから将棋倒しなどあってVTRの時は真ん中ぐらいに流されてしまい、しかも回りを大きい人達に囲まれてしまいーので・・・ほとんど見えなかったです。背伸びしてがんばって見てました。背大きくないので・・ハイド君と同じなので・・(笑)だから会話とか、細かく聞き取れなかったんです。すいませんです。

F「あんた、いい年してでちゅまちゅって、キモチ悪いのヨ。」
HI「いいんでちゅ。うるさいでちゅよ。」

などと2人が言い争いをし始めると、

H「・・・あ・・・あ・・・あぁあぁあぁぁぁ~~~!!!」

最初ぶすっと聞いていた、ハイド君3度目のぷっつん。「ああぁーーー」って髪をかきむしってます。

H「もぉ、お前らとやるの嫌だあぁあぁーーー!!」

ハイちゃん大暴れ。楽屋の物をひたすら投げて、イスも蹴りまくってた。

H「お前もラーメンばっか食ってんなよぉーーー!!」

ラーメン食ってたスタッフに飛び掛ろうとすると、またもやスタッフ登場。それでも止まらずに暴れ続けると、いきなり電気を消され真っ暗。

H「ああぁあーーー・・・はぁぁ~」

画面真っ黒のまま、ハイちゃんの声しかしません。落ち着きを取り戻した様子。

H「電気つけてぇ」(メッチャ色っぽい声)

電気がつけられると、楽屋のあらされた様子がカメラに映し出されます。
ブラジャーがアップになると、会場は爆笑。

VTR2に続く。明日アップします!